FC2ブログ

私の愛する日常生活。

大好きなKAT-TUNの事を綴るファンブログ。飴と鞭な言葉で徒然なるままに。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ただ明日だけを信じてる。TOPAnniversary。 ≫ ただ明日だけを信じてる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ただ明日だけを信じてる。



『夢は夢じゃない』





きみがそう言うなら、きっと。







かめのことを考える。
そうすると、必然的に、KAT-TUNのことも考える。
それはきっと、かめが「KAT-TUN」を全力で愛しているから。
メンバーを、グループを愛している、その断片に触れるたびに、私もまたKAT-TUNが好きになる。

かめのことを考える。
最近野球のことがなんだか気になる。
それはきっと、かめが野球のお仕事を全力で頑張っているから。
野球のことを伝えたい、その真剣な気持ちが伝わるから。
最近は、やり遂げたいことと、自分の理想のアイドル像との狭間での葛藤が感じられるけれど、私はそのままでもいいと思う。今のままでいいよ、て言ってあげたい。自分のペースで、ゆっくりやればいいと思う。やり遂げたいことも、理想も、持ち前の努力と根性とプライドできっと手に入れるって信じているから。

かめのことを考える。
また1つ歳を重ねる度に、この一年どうだったかな、て振り返る。
どうだったかな。どうだったかなあ。分岐点はやっぱり夏かなあ。1人いない。シンメがいない。でも変わらず前を向く。笑顔を見せてくれる。決定的なことを何も言わずに。きっと想像以上に、壮絶で、衝撃的で、未知数で、毎日必死だったんじゃないだろうか。
7月の東京ドームで。いつものように歌っていた。でも。プロミスソングを、ため息ついて歌いだしを歌いそびれていた。ワイルズで、いつもしないのに1日だけ歌詞変えて歌っていた。わき目も振らず客席に突進してた。断片的にではあるけれど、あの頃の姿を思い出す。
でも年末のMステでは、どうだと言わんばかりな表情で歌っていたね。
これでもかってくらいの、「KAT-TUN・亀梨和也」を見せつけられたような気がする。
かっこよかったよ。とってもとっても、かっこよかったよ。


かめのことを考える。
また1つ歳を重ねる度に、新しい一年はどうなるかな、て想像する。
どうなるかな。どうなるかなあ。そんなバカな、って思うようなことが平気で起きてしまうくらいだったから、何が起きるかわからない。全然予測がつかない。
未来のこと、全然わからないけど。でも新しい一年も、笑顔でいてくれたらと思う。持ち前の好奇心と飽くなき向上心で、自分の趣味も、仕事も、やりたいと思ったこと、全部できるといいね、全部全部叶うといいねって願う。

かめのことを考える。
自然と彼のことを考える。
あの時期、何を思っていたのかな。今はどう思っているのかな。何も言わないから、何もわかんない。
わかんないけど、でも今も変わらず、向けた背中から何かを感じ取ろうとしているような、いやむしろ何かを発しているような、なんだかそんな気がしています。これからもかめの一部であり続けるんだろうなって、そんな確信をしています。


『夢は夢じゃない』
『まだまだ遠いですが、しっかり夢を追い続けていきたい』

君がそう言うなら、きっとそうなる。
夢が夢じゃ無くなる日も、きっと来るよね。


たくさんの、おめでとうを、きみに。
たくさんのありがとうとだいすきを、きみに。

これからも、こうして伝えていけたらいいな。ずっとずっと。

新しい一年がどうか充実した毎日になりますように。


2011年2月23日 mint


Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年02月26日(Sat) 01:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。