FC2ブログ

私の愛する日常生活。

大好きなKAT-TUNの事を綴るファンブログ。飴と鞭な言葉で徒然なるままに。
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 君が生きていることに意味があり価値がある。TOPDorama。 ≫ 君が生きていることに意味があり価値がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

君が生きていることに意味があり価値がある。


生きてるってなーんだろ。




妖怪人間べムのこと自体ここで何も触れられていないのだけど、3話を見て思ったことを衝動的に。


「生きている、それだけで充分」


確かにそうだ。命がある、今生きている、それだけで本当は素晴らしくて充分なのだけど、でもその事に気づけることって、少ないんだよね。人は簡単にそれを忘れてしまうし、その事実だけで生きていけるほど強くもない。
生きている、それだけじゃなくて、生きる意味が欲しくて、自分の存在意義が欲しくて、何か一つでもあるだけでその意味は生きる力になる。それを探しながら、確かめながら日々生きているけど、それって自分1人じゃ見い出せなくて、誰かと関わることでどんなものであれ意味が生まれるんだよね。

生きてるって、素晴らしいこと。
生きることを辞めないって、大切なこと。
意味が無いことなんて、絶対にないってこと。

人間になれる方法が見つかったわけじゃない。
今日も明日も妖怪で、相変わらず世間からは浮いていて、ゴールの見えない道を歩いているけど、「ここにいる意味はある」「生きている意味はある」それに気づくことができたことは、大きな大きな一歩で、そのことに気づかせてくれる人に出会えたことは、ベムとベラとベロにとって、幸運なことだったんじゃないか。
何も生み出せないことなんてない。誰かと関われないなんてことはないんだ。

そういう風に考えることができた私も、きっと幸運なんだ。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。