FC2ブログ

私の愛する日常生活。

大好きなKAT-TUNの事を綴るファンブログ。飴と鞭な言葉で徒然なるままに。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 右側の空白へ捧ぐ。TOPAnniversary。 ≫ 右側の空白へ捧ぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

右側の空白へ捧ぐ。

祝いの言葉なんて送ってやんねーよ!という愚痴。


2年前の夏まで、足しげく通っていたA担さんブログがありました。
あの頃そこで起きた衝撃的なことが今でも忘れられなくて。
私的にはAメインではあるとはいえカツン全体にも興味というか好意のある方だと思って読んでいたのですが、第一報が出た瞬間に、ブログにて5人の方とのお別れ宣言みたいなのをされてたんですよね。
混乱の真っ只中だった自分にとっては本当に驚いたんだよなあ。
そんなにも簡単に割り切れてしまうのかと。気持ちが切り替わってしまえるのかと。

でも、そういうことって、実際に起こりえるんですよね。
最後の砦というか、地雷スイッチというか、なんかそんなもんがそれぞれあるんだよねきっと。
2月に出た「デキ婚」のニュースが、私にとってはそれでした。

それ知ったのさあ、仁君についての記事をアップしてさあ寝るぞって思った矢先だったんだよね(苦笑)
嘘であってくれって思いと、ああやっぱり、みたいな諦めに近い感情と、頑張れよ期待してんぞって激励したあとに真逆なことされた反動による脱力感と。
2年ぶりのカツンツアー目前の時期でもあったから、なんだか余計に呆れと怒りでいっぱいになっちゃって。
彼についてもその事柄についても考えるなんてあほらしすぎるし時間の無駄だ、と切り捨てて今に至る。

やっぱり私、かつんにいる彼が好きだったし、亀の隣にいる彼が好きだったし、個人の仕事だって何だって、グループという基盤に属してくれているからこそ応援できてたんだなあと、今は思っている。
2月にブツンと気持ちの糸が切れてしまってからは、ソロワークも彼自身にも、全然魅力を感じなくなってしまったんですよね正直。何やってんだろてのと、何がしたかったんだろってのと、ほんと馬鹿だなあってのと。あとほんと自分のことだけ自分のやりたいようにやれればそれで良くて、周りのことなんて、応援してる側のことなんてどうでもいいんだなーてのを、心底身に沁みたので。だって周りのこと考えてたら、自分のやるべきこときちんと考えてたら、絶対あんなことにはならないしあんな経過にはならないでしょ。
そうじゃない、て見解の人ももちろんいるだろうけど、とりあえず私にはそうとしか見れない。
で、魅力も感じないし期待も何もないので、お金をかけようという気持ちにならないんだよね一向に。もうどうでもいいです好きにやってれば、ていう「名前は知ってるけど興味がない人達」への感情に近い感じ。時間が経てばまた変わるかなあとも思っていたけど、全然変わらなかったw

こんな気持ちになるなんて、2年前の夏には全く想像もしていなかったけど。
5人の方もやっと区切り付けて前向いているってのが、ツアーでも会見でも雑誌でもぽろぽろ伝わってきているので、区切りっていうか見切りっていうか、過去に固執するのはやめたいし今のあのカタチを愛していきたいなあと凄く思う。
過去は過去として良い思い出にしたいけど、振りかえるたびにその時の楽しかった思い出よりも現状思い出してイライラするので、私にはまだまだ時間が必要だなーっていう感じである。

今日はインデペンデンスデイで梨の日でマッスーのお誕生日で仁君のお誕生日でしたね。
亀が一人で立ってるたびに、シンメだった姿を想うし過去も未来も亀のシンメは一人だけって心底思うよ。
でも今のカツンには、亀の隣には、今の彼はいるべきじゃないって思ってしまうけどな。

離れたくないね。でもさようならだね。
とりあえず何かオモテに出る仕事したら?ていう余計なおせっかいで〆。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。