FC2ブログ

私の愛する日常生活。

大好きなKAT-TUNの事を綴るファンブログ。飴と鞭な言葉で徒然なるままに。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ DREAM BOYS@9月15日TOPDREAM BOYS。 ≫ DREAM BOYS@9月15日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

DREAM BOYS@9月15日

15日の昼の部の観劇メモ。
この日から亀的には史上初らしい「1日2公演4日連続」だそうで。うーんハードw
なんか、他の日程が結構ゆるめなだけに、土日は遠征組のことも考えて2公演でいいと思うけど、4日目の平日なんかは夜公演だけとかでもいいような気がするんだけどーw日程のバランスがよく分からん。昼公演のみで連続とかもあるしなあ。

この日やっとドリボパンフを手に入れたので、今年分やっとしっかり時系列に沿って感想メモ。
ちなみに去年の細かく書いたのは初日でした。(2012年9月3日<初日>
もう書き方忘れちゃったな。自分が分かればいっか。



◇◆DREAM BOYS@2012年9月15日13時公演◆◇

8日のレポでも触れたけど今年は開演前のピエロ達による客席絡めた“注意事項パフォ”がありません。
この時真田くんと握手したのは去年だったかしらねえ…(懐古)
代わりに、電飾の赤と青のコードがステージ付近にぶらーんとぶら下がってる状態。
あと、そのピエロの事前パフォが無いお陰なのか、皆で一斉に開演のスタートが切れるからなのか、今年は開演前に、幕が下りてるその向こうで、「おぉー!!!!」て感じの出演者が円陣組んで叫んでるような声が聞こえるんですよね。これってライブではよくある光景なんだけど、ドリボで聴いたことって無かったから、すんごく新鮮。
もしかしたら今年は下ばかりだからこその、座長による一致団結の儀式というか、分かりやすい意思表示なのかも。

■第1幕
<深夜のベイサイドクラブ>
Overture/RUMBLE HEART~FIGHTING DANCE/俺にも子供の頃があった

各方面で散々亀が言っているように、今年は設定が違うのでこれまでのような歌とダンスからは始まらなくて。
オケピから音楽キャストである石垣君&後藤君と、ユウタ&ヒカルの4人が下からせりあがって来て登場。並びは両端が石垣くんたちで、中央下手がユウタ、中央上手がヒカル。ユウタはドラムでヒカルはギターを鳴らしながら登場です。皆各々アレンジされた学ラン姿。ユウタチームが青で、ヒカルは赤。
光が楽器やるのは知ってたけど、玉ちゃんがドラム叩くのは結構意外だったなー。双眼鏡でガン見たけど、ドラムは多分ちゃんと叩いているはず。シンバルとか本体にもバチにも何もガード物ないのにあそこまでがっつり叩いて音消すの不可能だと思うし。
イワモトかな?スノーマンチームの荒れた声から始まって、ヒカルとユウタは楽器弾きながらオケピから舞台の奥へ移動。ヒカルの「ユウタ!お前いつまでそんな奴らとつるんでんだよ!」とユウタの「おめぇもな!一生売れねえバンドやってろ!」ていう台詞のやりとりからRUMBLE HEARTを歌います。
歌い終わって2チームが喧嘩…みたいになったところで、舞台奥の上からゴンドラに乗って学ランカズヤが登場。背中に十字架背負っちゃってます。ゴンドラのふちに片足あげて引っかけて悪ぶっていますw他の人はみんな赤か青のテロテロ生地のものを中に着ているのに、亀だけ真っ白な王道ワイシャツなんですよ。短髪であえて幼くしてる感じだし、まだまだ学生役もイケるんだなーて、思わせてくれる瞬間wちょっと竜ちゃんも思い出すしね!!
で、かっこつけて出てきたカズヤが学ラン脱いで客席に放り投げた瞬間から、FIGHTING DANCEのスタート。ずいぶん懐かしい歌を歌ってますw2006年ぶりだもんなー。DVD含めあのかつんvsエイトバージョン見た回数の方が多いから、なんかまだ今回のキャストで亀以外が歌ってるの凄く新鮮。ヤスやたっちょんの声で脳内再生されちゃうんだもんwww
歌の流れ的にはランブル~⇒ファインティン~⇒ランブル~で新曲の間に昔のを挟んでる感じ。歌終わりはちょこっとアドリブシーン。
まずは亀が客席に投げた自分の学ランを回収するとこから始まるんだけど、ここは返すお客さんによって違うって感じかな。8日の時はただ投げて返しちゃったみたいで「投げるの!?」てびっくりしてたけど、この日は母娘で見てたのか、お母さんが返しにこようとしたところを「おかーさん!そこは娘さんに持ってこさせなきゃダメでしょー!www」ってw「私行くー!みたいになっちゃうとねぇ!w仲良くね?」って話しかけてた。

宮:せんぱーい!
亀:あぁ?
宮:あれ本当ですか!?もしかしたら、りゅーねんしちゃうかもって噂…あいたぁっ!!!
<ここでいつも亀が宮田を足で蹴るんだけど、この日はがっつり腰骨あたりに入っちゃったらしくw>
亀:ごめんごめん!www今入ったな!?www
宮:今骨に…!w
亀:ごめん今俺のかかとがココにな!w大丈夫か?www
宮:だいじょーぶです!w
亀:リアルだから困ってんだよ!www
千:やっぱり!てことはもう、先輩じゃなくなるってことですよねぇ!?
宮:じゃあどーすんの!?カズヤって、呼び捨てでいーんすか!?
<ずんずん宮田に接近していくかめw>
亀:呼んでみろよ…(低音)カズヤって呼んでみ?
宮:おいケントっ!お前が呼べっ!!
千:飛び捨ては無理だって!あだ名でね!なんか…かず!?
亀:……笑。(ユウタに向かって)お前呼んでんだろぉ!?
玉:オレ絶対言えないですけど!あの宮田?今日「亀梨」って呼んでましたよw
宮:待てよ…!ちょ待てよ!!!
亀:待てよじゃねーよ!お前からちょ待てよ出しちゃダメだろう…!www(ヒカルに向かって)こいつも言ってるぞー?
光:俺はちゃんと歌にしてゆってますってー!てろてろてろりーん♪チッ!ギリギリのかーずや♪(リアフェw)
亀:……(首傾げながら)イマイチw

この日、この後に光が「あ!そうだカズヤ!…カズヤって言っちゃった!」って言って亀と二人でニシシシシって感じで子供みたいに笑ってて凄い可愛かったんだけど、一体何をミスったのか私にはよく分からなかったw本当は名前を呼ぶ場面じゃなかったってことなのかなーw
とにかくサキホさんがヒカルを呼んで、トシヤとケントもはけてったあとカズヤとユウタ二人のシーンに。試合の感想をカズヤがユウタに伝えるんだけど、ユウタはカズヤにそんな風に言われることに納得がいかない様子。

で、去年までと同じく「When I was seventeen~♪」と『俺にも子供の頃があった』のシーンに。メインキャスト5人それぞれの過去から今への独白。
ヒカルはケントとトシヤとユニットを組んでる。去年のユウイチの時とは違いすでにスタジオも作ったようでwでも今までよりもサキホさんに頼り切ってる感じ。ユウタはプロボクサーを目指して夢を叶えたって話。皆に反対されたけど、背中を押してくれたのは先輩(カズヤ)だけだった、とも。
ここのそれぞれの独白の中で使われてる台詞が、私は今までで一番好きかも。なんか、今までと同じことも言ってるんだけど新しいことも言ってて。グサグサ胸に突き刺さる感じなんだよねえ。
カズヤ:人生は思い通りにいかない。いつも悲劇と喜劇を繰り返す。だから自分の道は自分で探さないと。誰も助けてはくれない。
ケント:過去にどんなにいい時代があっても、決してそこに帰っていくことはできない。
トシヤ:永遠の仲間だと思っていても、やがては皆バラバラになる。何もかもが猛烈なスピードで過去になっていく。
ヒカル:一生の間に何人の仲間と出会い別れるのだろう。出会いはいつも偶然。でも別れにはそれなりの理由がある。


カズヤが暴きたくなって撮影の仕事を引き受けるのはいつも通りw

<撮影スタジオ>
最初はしばらく千賀のソロダンスシーン。ここ、いつもフリーで変えてるとこなのかなあ。
途中からトシヤも出てきて、二人で歌うのが「Get & Chance」。たった今思い出したけど、これあれだ、2009年の時に手越が歌ってたやつかも…!!!
この映画の主役はカズヤ、と紹介されて金色のフードかぶって出てくるのはいつも通り。今年はフードのとこにもなんかワイヤーみたいの引っかけてるので、最初亀はフード取れないようずっと頭抑えたまんま。客席のとこにふわぁっと一度飛んでくるのは3年ぶりなので、なんだかとても久々な景色でしたなー。カズヤだあ…!て感じの景色でした。ここでフライングのキャッチというか、担当してくれるのが宮田と千賀なので、なんだか凄く安心して見てられる感じ。ワンナイ歌ってたらユウタが乱入してきて撮影が中止になって…て流れもいつも通り。カズヤが「この撮影がダメになって困るやついるか?困るのは…あの人だけだ」ってサキホさんをハッキリ指さすんだけどそこは新しい感じかな。あ、カズヤの羽織るバスローブが、タオル生地な感じじゃなくてベロアのちょっと高級風な感じに変わってましたw

<桟橋>
去年とほぼ一緒。サキホさんが煽って、ヒカルが困ってる撮影に戻ってくれ助けてくれってお願いするけどカズヤが突っぱねて、喧嘩別れみたくなっちゃって…ていう大体いつも通りな感じ。マダムの存在をにおわされて、マダム…?て口パクしながら桟橋ごとはけてくのも変わらない。亀が完全に先輩ポジだから、いつもよりはヒカルのポジと対峙するときに力関係がカズヤ寄りって感じ。
15日で印象的だったことなんだけど、ヒカルがカズヤにお願いするけどでもカズヤが断るってとこ、2人が凄い至近距離で対峙するんだけど、今日は下手寄りだったから光の顔がよく見えたのよね。もう子供じゃねぇんだよ、て言われた瞬間のヒカルが噛みしめるようななんとも言えない顔で目を閉じたんだよね。あの表情良かったなあ。でも逆にカズヤは後頭部しか見えなかったから、あの至近距離で対峙してるヒカルに対してどんな顔どんな目してその台詞言ってんのかなーて逆に凄い気になった。目力すごそう。

<ユウタのジム>
桟橋後にすぐチャンプのシーン、は去年と変更なし。
ほとんど変わらないけど、試合しろっていう流れで、「もう一度試合をしてくれませんか」ってチャンプ側が敬語でお願い口調なのは今回ならではかも。カズヤが承諾して立ち去ったあとも、「ありがとうこざいます」ってユウタが一言いうんだよね。新しいよねえ。
この日カズヤに押しつけられたグローブを、玉ちゃんが受け止めきれなくて片方落としちゃったまんまだったんだけど、イワモトがちゃんと拾い上げて回収しててさっとフォローできてたのが良かったな。ここで歌われてる新曲の「Knock Down!」が聴くたびに好きになっていくー。

<野球場>
去年はジムから野球場のシーンに転換するときに、チャンプとカズヤが対照的な感じで立ってちょっと歌うシーンがあったり、間でジュリがちびたちと踊ったりしてたけど、今年はそういうの無くなってましたね。回転しながらセットチェンジしつつ、シーンが変わるっていう。
最初はナオキとトシヤの会話のシーン。カズヤは最初からいなくて、後からアコギ持って下手から登場。

宮:ナオキ!あのー、ちょっと、相談にのってもらってもいいですか?
ナオキ:しょうがねぇなー!座れ!
宮:ありがとうございます…失礼しまーす。最近、なんかうまくいってなくて。ツキに見放されちゃった感じがして。ほんとだったら今頃デビューしてファーストツアーとかやってる筈だったんだけど。こんな事ならさぁ…!キスマイフットツーにいたままの方が良かったかなぁ!?そしたら今頃…!(ワナビーの歌を歌う)
ナオキ:トシヤじゃ無理だよ!
宮:おい!!!
亀:いや俺は……歌えてたと思うよ。まぁでも…歌えるのサビだけだと思う。
宮:ちょちょちょ!サビだけってなんですか!!リアル過ぎますwww
亀:これシーのやつ?w
宮:シーですよ!!
亀&宮:シーっ、シーっ、シーっ、ハーッハーッwww(←ここいつも人差し指をちゃんと口にもってきてシーのポーズするからほんとかわゆい。そしてこの日は『シーっ』を亀が溜めたもんだから宮田がいつも通りじゃなくて戸惑ってたw)
亀:って、やってたよね?
宮:ああ、やってます!
亀:え、ちなみにあれはどこ歌ってんの?
宮:あぁ、あれは、サビだけです。…あ!それだけじゃないです!!Bメロの、ウォウ!ウォウ!ってところも歌ってます!!
亀:やったじゃん!wwwまずはウォウウォウからだよ!!!

で、相談って何?のくだりをちょこっとまじめにやって、トシヤがヒカルと別れて野球しながらデビュー目指すってことを言い出し、野球できんの?⇒できない⇒じゃなんか特技は?って流れからまたアドリブコーナーに。

宮田の一発ギャグ。この日は「トドが、もしプロ意識の高いグラビアアイドルだったら」ってネタ。
トドやるんで、頃合いを見て『撮影お願いします』って声をかけろと亀にお願いする宮田。
身体を使って半分寝そべりながら一生懸命トドを熱演してくれるんだけど、頃合いを見計らうどころかそのまま放置してただ宮田のトドを見ている亀w
宮「大体(タイミング)わかりますよね!?」
亀「頃合い見ていいっていうから!wまだ!まだ!」
宮「あぁ…まだw」
亀「カメラマンの人もちょっとライティングに拘ってるっていうからw」
宮「あ、なるほどw」
≪トド実演二回目。やはりただ見ている亀≫
宮「まだライティングですか!?www」
亀「微調があるっていうから!w」
宮「あぁそうすかw」
亀「もうちょっと待ってw」
宮「あ、なるほどなるほどw」
≪トド実演三回目≫
亀「撮影お願いしまーす!w」
<グラビアアイドルトド(ややウケ)。でも客席は大拍手。土下座し始める宮田さんw>
亀「あーあwごめんな。俺も楽しくなっちったから」
宮「ライティングの調節だったんですもんねw」
亀「人によっては拘って時間かかるからさw待つのも仕事っていうじゃん?w」

この後また真面目にお芝居。
トシヤにもう一回ヒカルとやってみろよ、とヒカルを一人にしないよう計らうカズヤ。
その言葉を受けて、トシヤは去ろうとするんだけど、この日は完全に舞台から見えなくなったあたりで「撮影お願いしまーす!」とハキハキ振っちゃうカズヤがwww宮田、俊敏な動きでグラドルトドやってくれましたw

真面目なお芝居に入る前にナオキともちょっとアドリブのやりとり。
ここは日によって違うって感じかなー。でも初日や8日の頃よりナオキ役の子がアドリブ利かせられるようになってきたって感じ。
この日はナオキに話しかける時にトドネタ引っ張って、カズヤが「お前だってトドじゃねぇだろおー?」て言ったら、「俺はトドじゃないけどカズヤはトドじゃん!」と逆にふっかけられてwww客席もだいぶ沸いたんだけど、この日は結局かめはやりませんでしたねーw「俺はトドじゃないよ!w」
ナオキの返しにびっくりしてましたwまさかそんな返しが来るとは思わなかったってww

そのあとのシーンの真面目な内容は去年とほぼ一緒。
絆を歌ったり、カズヤの境遇について喋ったり、ナオキが家族を捨てちゃおうとしちゃったり。
去年はカズヤの他にジュリ+ちびが2人?3人くらいいたから、もうちょっとわちゃわちゃしてた気がするんだけど、今年は宮田入れても3人しかいないから、なんかずいぶん人数減っちゃった印象だなー。
カズヤのナレーションに合わせてカズヤとナオキがキャッチボールごっこするのもいつも通り。

<ヒカルのスタジオ&試合前>
そういや去年はここでゆっちが1曲歌ったけど、今年は歌ったりとかは特になかったな。
絆のアレンジVerが流れて、サキホさんがカズヤの曲を嘘ついて勧めるってのはいつも通り。
試合前のシーンも流れは大体一緒。ここのカズヤが凄く好きなんだよなー。今年のカズヤは、ユウタの気持ちを汲み取って結構先輩ぶってる感じw
それからマダムが怒ってサキホさんに試合を止めろ!って言ったあとの、「やってみます?」の言い方が、すっごいあざとい。女のいやーな感じが、すっごい出てるwwww

<試合>
ユウタの入場曲はファイアービートでした。亀は離愛。
途中でヒカルのナレーションが入って、リングが上昇してカズヤとユウタの声が入るのは去年と一緒。カズヤとの試合を望むチャンプ側ユウタの理由が、今までで一番しっくりきてるので、この演出に去年ほどの嫌悪感はないっすw
チャンプの玉ちゃんがねー。凄い強そうってわけでもないけど、凄く弱そうでもないっていうか、剛と柔を兼ね備えた凛とした感じがよく出ているんだよね。玉ちゃん自身が目指してた姿は、ちゃんと見せれてるよなーって思います。

<サーカス>
マダムとイワモトのネタは相変わらず。
でもその前に宮田ことみやごろうと熊のポーさんのショータイムシーンが。最初の頃はハットに水入れて濡れてなーい!てやるんだけど中におむつが入ってるお陰だってポーさんにバラされてたけど、フラフープを使ってる日もあるよう。ポーさんと入れ替わりでマダムが出てきます。
この日のイワモトの去り際台詞は、「待てよ!!!!」。多分、多分だけど亀らじの内容に合わせたんじゃないかなってw聴いてない人には意味がわからないだろうけど。

1.額縁フライング
2.The Air
3.キューブ
4.Lost My Way
5.バンジー2012

こう書くと、サーカスシーンだけでめっちゃ色んなことやってるな(苦笑)
額縁~は去年までと変わらず。2が客席上でのフライング復活。なので、2009年にやってた内容に戻ったって感じ。縦回転とか、女性アクターの手足組んだ真ん中を急行直下する、とか。3も、去年と同じなはず。
ロスマイは、今年は棺桶から出てくる時に仮面を手に持って出てきて、踊る直前に自分で付けるようになってるwここでかっこつけてゆったり付け過ぎて、最初のダッダッダッダッの時に手が間に合ってないこともあったんだけど、この日は間に合ってましたwダンスが特に変わったわけじゃないんだけど、今までよりも、100%全力キレキレってわけじゃなく少しゆとりも持たせてるような感じ。亀のすぐ後ろというか両脇では宮田と千賀が踊ってくれてます。指揮棒渡してくれるのはスノーマンの渡辺君。
今年は客席上フライングが復活したので、去年は水槽後に客席に登場してちょっと飛んですぐバンジー、だったのが去年よりやること増やしてます><バンジーやる前までやってた技を、最後の大技アクロ以外をやるって感じ。2年ぶりってだけなのに、なんだか凄く懐かしかったなあ。
バンジーは、去年は舞台奥でやってたものが、今年はオケピのギリギリ前でやってるから近さと息遣いが去年より半端ない感じ。なんていうか、前に来た分去年より迫力が増えてるというか。
この日の大回転、ほんと丁寧にやってたなー。飛び出す→回る→上に身体を引っ張りあげる→バーに足を着地→飛び出すていう一連の流れが丁寧だったし余裕があった。
初日や8日は、技決めて最後はけてく時にガッツポーズしてたんだけど、もうしなくなってましたねぇ。

<サーカス会場の外>
去年はここのカズヤとイワモトの喧嘩に、仲裁に割り込むのがまさかのユウイチっていうびっくりポイントがあったんだけどw今年は例年通りというか、まあナオキが来ちゃってナオキが刺しちゃう感じ。振り返ると去年の設定て結構意外性に富んでたなwww
お馴染みの「何もかも引きうけてやろうじゃねーか!」で1幕は〆。

■第2幕
<苦悩の逃亡>
去年同様BAD DREAMを歌ってくれるんだけど、登場時の音楽がここでも絆だったもんだから、最初やらないんじゃないかと思ってヒヤヒヤしたwww
BAD DREAM⇒壁フライングの流れは去年と一緒。

<テレビ局>
歌う前のシーンでは、カズヤの歌なのに…てケントが凄く迷ってるんだけどトシヤが励ます。
歌う前に、カメラに向かって勝手にカズヤの歌を歌ってしまうことを謝罪する様子は、去年とは違うかな。その前がどうだったか今ちょっと思い出せないけど><
今までの愛しているからじゃなくて、ここでは絆を歌います。トシヤがドラム、ケントがキーボード、ヒカルがギター。宮田は多分ほんとに叩いてるっぽいんだよね。真面目に歌いつつ途中でにこってする様子が、なんか可愛いしいいなあと思うwケントは上から見てると手元が見えちゃうから、同じとこをただ動かしてるだけってのがバレちゃって良くないかなーww

<ユウタの病室>
ここの!ここの最初の!!!ナオキを構うユウタがとにかく可愛い!!!!!!><*
「ナオキぃ!来たのかあ!」とか「そしたら一緒に野球やろう?」の台詞が甘くて優しくてとにかく可愛い。元々がオラオラなキャラじゃないから、コウキやスバルの時と違ってどんだけ優しくなっても全然違和感がなくて、そこもいいなーとか思っちゃう。カズヤのことを話すユウタも好きだなー。ただ好意的ってだけじゃなくて、先輩だからなのか尊敬の念も見え隠れするとこが新鮮でまたイイ。ユウタの「先輩」呼びがほんと堪らん。ヒカルの「そりゃ先輩だもん」って台詞も好き。ただ死に方は、ユウタへたっぴでいつもちょっと笑ってしまう。コウキやスバルが上手すぎるんだろうか?w

<大都会>
コウキのチームと、ケントとトシヤ含めたカズヤのチームが例年通りカツンとエイトの曲を。
そのあとはなんとヒカルが歌うシーンが盛り込まれてます。でもここの「Paper doll」が、凄く好みで毎回待ち遠しくしてるポイントっす。細くて薄い光が踊る振り付けが、なんか絶妙で堪らないのだよなー。あまり見たことない感じの振りだし、光に凄く合ってるのよね。
最初は何でここでヒカルの歌???て思ってたけど、2009年の時は手越もここで一曲歌ってたみたいだから変でもなんでもないんだなw

<街の裏路地>
去年とほぼ一緒。サキホさんの台詞のあれこれに未だに慣れなくて困るw
今年もマコトさん見たかったなあー><

<落下&天国>
落下の理由は一昨年までの助けようとして落ちちゃう、に戻りましたな。
天国のシーンはやはりアドリブ一切無し。先輩、先輩て熱くカズヤを見つめるユウタが堪らないという俺得シーンになっていますwちなみにこの日はここで玉ちゃんが盛大に噛んでて、あーっ><て感じで天を仰いですぐ続けてたw

<ベイサイドクラブ/フィナーレ>
天国からこのベイサイドクラブへのセット転換は、舞台って凄いなあ、底が深いなあと感じる瞬間でもあるw
ユウタチームとカズヤチームでまた喧嘩になっちゃって止めに入るのはヒカルなんだけど、結構野太い声出すんだなーてのが、ほんと意外な発見だった。
みんなのあれこれが分かって、大団円に向かってく流れは例年通り。

EDで歌う歌が、今年はNEXT DREAMを歌わないんですよ…!!!!!!!
これ最初結構ショックでしたね…気に入ってただけに余計に。スノーマンがほんとちょこっと歌うくらい。あとは全部絆一本なんだよなー。だから、音楽的には2006年の時のEDに戻ったみたいな感じ。あの頃も絆を豪勢に歌ったもんね。
白スーツでフライングするのは例年通り。というか、客席フライング解禁になったから、前々回のテイストに戻った感じかなあ。1番手で飛び立つユウタの、飛び立つ瞬間の「夢を諦めないで。」て言い方が好きです。ユウタがまず下手上段から上手に向かって飛び立って、同時に舞台の奥ではケントとトシヤが手を繋いでプチフライング。そのあとカズヤ・ヒカル・ユウタが3人揃ってフライングするんだけど、去年は前後に飛ぶような感じで3人一斉に飛んでたのが、今年はちょっと違うのよね。カズヤは客席上にて旋回フライング。ヒカルはステージ手前で下手から上手に向かって横にフライング。で、ユウタは舞台奥でヒカルと真逆な動きでフライングします。
ここ、毎年凄く好きなとこだけど、飛び立つ瞬間や飛んでいる間の亀が本当に本当にカッコイイ。カッコイイし美しい。あの手をさっと伸ばして飛ぶ瞬間も好きだし、足の先まで形を整えて飛んでるところも好きだし、一人最後までぐるぐる旋回してる姿も好き。あと初日に見たときに、やっぱ客席の上飛んでくれるって、凄い嬉しいことだったんだなーて、しみじみ思ったのよね。ティンカーベルみたくキラキラを振りまいて飛んでる亀が本当に好きです。見ててなんか泣けてくるもんなーw
舞台に5人揃った時に、亀が両脇のメインキャストをゆっくり見渡すんだけど、ここ初日はマダムやサキホさん以外は分かってなかったぽくて、ヒカルとか全然見向きもしてなかったんだよねwでも8日に見たときは全員がちゃんと亀を見るようになってましたww
最後の最後に挑戦者を亀が一人で歌うのも変わらず。今年は手の甲にちゅってするの、なんだか溜め気味ですw

<Show Time>
まずはキスマイのメドレー。SHE! HER! HER!⇒Shake It Up⇒Everybody Go⇒We never give up!⇒WANNA BEEEE!!!てな感じで、まあシングル曲総出演だねー。メドレーだから凄いたっぷり聴かせてもらえてる感じw最初はローラースケートはいてないんだけど、途中から光るマントみたいなの持ちながらはいて出てきます。一緒にずっとスノーマンが出てて、全員ここでマイク持たせてもらってますね。
2曲目は光でジャンプのYOUR SEED。水色のギラギラステージ衣装で出てきます。なぜかジャグリングwそのまま踊ってくれてても良かったのにーww
3曲目は亀で今年もまた1582。プラティアを期待してたんだけど、今年も花魁亀梨でしたなーw本編の体力の消耗が激しすぎるんだよなあ。こういう演目でも仕方がないかなあという感じがしてる。髪の毛が短いみたいで、なんだか2009年の惑星コンの頃のかめに戻ったみたいに見えるよw
4曲目は鳳さんと樹里さんのアンダルシアで、最後がメインキャスト5人での「I am always here」。
去年に比べると、今年はショータイムはボリュームも抑えめだしあっさりって感じかなー。去年みたいなMCも無いしねw

あとはキャスト紹介があって、花火があって、カテコが1回。
キャスト紹介のとこ、メインの5人だとデビューが遅い順なのでキスマイ3人⇒光⇒亀の順なんですよね。今までチャンプって絶対亀のいっこ前だったから、なんか、玉ちゃんが亀と離れて紹介されてるのが不思議な感じですwでも亀の名前を紹介してくれるのは、玉ちゃん。初日は緊張した感じの声だったww
カテコも、長々と話すわけじゃなくて、ほんと一言、二言て感じ。たまーにしっかりした挨拶以外のことも喋ります。最後に舞台奥に戻って、幕が下りるのを待ってる瞬間、首をコテンと横に傾けるんだけど、わざとやってるって分かりきってるけど可愛い!!!と叫ばずにはいられない可愛さでほんと憎いw


よし、終わり!!!
18日夜のが書けないまま今日になっちゃったー(泣)
今日の昼も見に行ってきます!私が見るのもあと3回だよー><
あと1週間で終わっちゃうんだよねえ。ほんとうにほんとうに寂しい。。。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。